建築板金業を営む皆様へ

 

 当国年基金は、建築板金業に従事する仲間に、老後における安定した収入を確保していただくため、

全板連が設立母体となり平成4年に発足しました。

第70回全国建築板金業者 宮城大会の大会宣言の中にも、

「業界の国保・年金基金で福利厚生を充実させよう」というスローガンを掲げ、

仲間の福利厚生事業の充実を業界全体で目指しています。

 

年金は、遠い将来のことと思いがちですが、老後の安定した生活環境を築くためには、

若いうちから生活設計を立てそれを実行していくことが大切です。

年金を受ける年齢間近になって後悔してもどうにもなりません。

 

当ホームページをご覧になりご自分の老後のことをしっかり考えてみませんか。

 

             全国板金業国民年金基金  理事長   

                          石 本 惣 治