建築板金業に従事する事業主・従業員とそのご家族の皆様へ

 

国民年金基金が必要な理由 

老後の生活費は夫婦2人で月27万円が必要であると言われています。

ところが、国民年金(老齢基礎年金)の支給額は、夫婦で月約13万円です。

 

その差を埋める、最も有効な手段として 国民年金基金 があります。

この機会にご加入のご検討をいただきまして、皆様の老後の資金のご準備に 全国板金業国民年金基金 をご活用いただけましたら幸いでございます。

 

加入できる方は?

①建築板金業に従事されている方(個人事業主とそのご家族様、および従業員)

②20歳以上60歳未満の国民年金の第1号被保険者の方

  ⇒上記の両方を満たしている方だけがご加入いただけます。

 

毎月の掛金は?

◎掛金の上限は、月額68,000円です。

◎掛金の払込期間は、ご加入時から60歳到達前月時点までです。

◎掛金は、ご指定の金融機関から口座振替にて納付いただくこととなります。

◎掛金の引落し日は原則として翌々月の1日です。