国民年金基金には、公的な年金ならではのメリットがあります。

 

 ◎その1 「終身年金が基本」

     ●65歳から生涯受け取る終身年金(A型・B型)が基本ですので、長生きリスクに対応できます。

 

 ◎その2 「年金額が確定、掛金額も一定」

     ●掛金の支払いにより、将来受け取る年金額が確定します。

     ●加入時の掛金は60歳まで変わりません。(途中で口数を変更しない場合)

 

 ◎その3 「税制上の優遇」

     ●掛金は全額社会保険料控除、確定申告で税金が軽減されます。

    ●受け取る年金は公的年金控除の対象となります。

    ●遺族一時金は全額非課税です。

 

 ◎その4 「万が一のときは家族にも一時金」

     ●万が一早期に亡くなったとき、ご家族に遺族一時金が支給されますので、掛け捨てにはなりません。 (B型を除く)

 

 ◎その5 「自由なプラン設計」

     ●ライフプランに合わせ、年金額や受期間を設計できます。

    ●加入後も年金・掛金の額を口数単位で増減できます。

       ●掛金を1年分前納すると、割引があります。